月別アーカイブ: 7月, 2017

飛行機をもっと身近に感じよう!空の旅をもっと楽しくスムーズに

皆さんは国内旅行をする際にどのような交通手段を使っていますか?電車、バス、新幹線・・最近では格安航空会社の進出により片道3千円〜という破格の料金設定で割安な航空運賃で旅行ができるようになり、飛行機旅は高いという時代は過去のものになりつつあります。ここではjalの国内線時刻表の冊子の利便性を紹介していきます。

航空券が手元にないと不安?ネット予約のメリットデメリット

近年ではどの航空会社もインターネットでの空席予約やタッチアンドーゴーサービスという航空券なしで空港に向かい手元のICカードやお財布ケータイなどの端末を機械にかざすだけで長い列に並ばず自動チェックインされ楽々搭乗できるというシステムが増えていますよね。しかし、いざ旅に出る時に航空券が手元にないと本当に予約が取れているのだろうか?空港にいってからトラブルが発生したらどうしようと不安に思う方もいるのではないでしょうか?私は以前、某航空会社に勤務していたため予約カウンターや国内線出発ロビーでオロオロしているお客様に何度も遭遇したことがあります。そんな時に一冊持っておきたいのがjalの時刻表です。空港ロビーや機内に配備されている冊子をご存知でしょうか?

CAも常に携帯している!小さな冊子には飛行機情報が沢山!

jalの国内線冊子には単なる飛行機の時刻だけが載っているわけではありません。例えば機材の種類や他社とのコードシェア便の記載、飛行機の機番やこの飛行機は1日どこを飛んでいたのか、WiFi装備はされているのかなど・・マニアにはたまらない情報も沢山載っています。機内で働くCAさん達のショルダーバックの中にも時刻表は欠かせない持ち物の一つだとか。それは機内でお客様から様々なお問い合わせにも対応できる情報はぎっしりつまっているからなのです。空港のあらゆる施設の連絡先情報や乗り継ぎ案内、お客様サポートセンターや各便のマイル数、手荷物案内、またお得なキャンペーン情報なども詳しく載っています。特にjalのイメージキャラクターの嵐が冊子の表紙になると配備場所からあっという間に消えてしまうそうですよ。

航空運賃にはサービス料、快適性も含まれた値段!活用しなきゃ損!

今の時代は便利になったようでまだまだアナログのほうが安心する人々も多い時代です。飛行機に乗り遅れないように、預け荷物にいれてはいけないものや手荷物で持ち込めるもの・・頭の中に全てインプットされてるわけありませんよね。jal国内線時刻表には飛行機に安心して搭乗できるようあらゆる情報が載っていますが、事前にお客様サポートセンターに相談してみるのも手です。どんな小さなことでも機内で安心して過ごせるようにスタッフが配慮してくれますよ。飛行機不慣れや乗り継ぎがあって心配だ、妊娠中である子連れで不安だなど。全ての情報は機内のCAや現地の地上係員に伝えられ到着地までサポートしてくれます。格安航空会社に比べて少し根が張る航空運賃を支払うからこそ安心できる様々なサービスを調べ尽くすことも大事なことかもしれません。