カテゴリーアーカイブ: ANA

羽田~札幌へ渡航する際JALとANAの国内線どちらが便利?

みなさんは、「航空会社」と聞いて思いつくのは、どこの会社でしょうか?
パッと思いつく会社の中に「JAL」や「ANA」がでてくるのではないのでしょうか?
これらは、誰もが一度は耳にしたことがあると思います。

こういった会社は、大手としても名が知られているため、テレビなどのメディアでも大きく取り上げられています。それ以外にも、雑誌や旅行関連の冊子には大きく掲載されているので、知らないという方はいないのではないでしょうか?

今では、格安航空会社が続々と出てきていますよね。そんな中でもやはり、この二つの会社に人気が衰えないのは、長年の信頼と実績があるからなのではないかと思います。
そういったなかで、みなさんは「JALとANAのどちらが良いの・・・?」と迷ったことはありませんか?実は私も何度か迷ったことがあります。

普段マイルを貯めている人はJALがおすすめ

「実際にどちらも変わらないのでは・・・?」と思いがちですが、違いはやはりあるようです。
自分の求めているものや、希望としているプランで旅行へ行くことが一番なので、事前にしっかりと調べておくことが大切かと思います。

そのなかでも、普段から旅行の際には、「マイルを貯めているよ」という方は、基本的にJALの方が適しています。JALの方がマイルを貯めやすいといった傾向にあるそうです。
また、ANA派という方の多くは、機体がカッコ良いという理由や、新プランが豊富にあることで選びやすいといった理由がありました。
希望しているプランを見つけ、格安で行くことを希望している方には、ANAが良いかもしれませんね。

ここで、「羽田から札幌まで」を比較してみました。JALを利用すると往復で、安いものだと5万円ほどで行けてしまうといったプランもありました。
「JALの先得!」としてCMでも有名なJALですから、早めに予定が決まっている方にとっては、JALの方がお得かと思います。
また、便の変更もできるので、途中でやむを得ない理由で行けなくなってしまった・・・なんて場合も対応をしてもらえるので便利です。

自分にあったプランを選ぼう

一方、ANAはというと、宿泊付きのプランがあります。便の変更はできないのですが、宿泊と往復の航空券がついて、5万円ほどで行けてしまうといったプランがあるので、確実に行けるという方にとっては、ANAのプランの方が良いかと思います。

人それぞれ希望しているプランや旅先での目的が変わってくるのではないか、と思うので、自分にぴったりなものを選ぶと良いでしょう。

旅行当日も楽しいとは思いますが、行くまでの計画を立てることも非常に楽しいですよね!

ぜひとも素敵な旅になりますように・・・!

jalの時刻表の備考欄に気づかなかったために危うかった経験

国内線を利用するときには普段からjalを利用していて、月に一回必ず同じフライトを取って出張に行っていました。当然ながら時刻表を確認することはなく、チケットの手配をするときも便名を指定して取っていたのですが一度だけ危うい経験をしてしまったことがあります。

頻繁に同じ国内線を使っていると覚えてしまう空港の発着時刻

普段から出張で同じjalの国内線を利用していると発着時刻を完全に覚えてしまいます。台風などの大きな天候の変化がない限りはjalはあまり運行に障害が出ることもないのでいつも安心して出発時刻のぎりぎりに空港に到着し、到着時刻からあまり余裕を持たずに出張先での予定を組んでいました。時刻表を確認しなくてもルーチンで飛行機を利用できるようになり、快適に使っていたのは確かです。しかし、あるときに時刻表を一度は見ておけば良かったと後悔したことがありました。チケットを手配したときにすら発着時刻を確認していなかったのが問題だったのも確かですが、危うく乗り遅れてしまうところを間一髪で搭乗できたという経験があります。

時刻を気にしていなかったために驚いた経験とはどのようなものか

時刻表もチケットの発着時刻も見ていなかったために驚いた経験とは、普段よりも10分早くフライトが出発する予定になっていて乗り遅れる寸前になったものでした。jalの国内線はいつもスケジュールは一緒だと思いこんでいたために、変更があるとは気づいていなかったのです。確かに台風の影響で30分ほど出発が遅れたり、欠航になったりしたことはありました。しかし、予定よりも早く出発するというケースはそれが初めてだったのです。時刻表を見てみると備考欄にある期間だけは10分早く出発するという記載がありました。チケットにも確かに普段よりも10分早いスケジュールが書いてあったので完全に自分の失態だったのは確かです。

シーズンの切り替えのときと備考欄の記載内容には注意が必要

jalの時刻表はおよそ半年に一回切り替えがあるということは知っていましたが、大抵大きな変更はないので気にかけていませんでした。備考欄については見向きもしないでいたのが事実です。しかし、このときの国内線での危うい経験をしてからは、半年に一回のスケジュールの切り替えのときに必ず時刻表をチェックするようになりました。そのときに備考欄についても確認しています。5分から10分程度早いときもあれば遅いときもあるとわかり、その期間に出張に行くときには予め手帳に情報を書き込んでおくようにしました。このようなわずかな違いが乗り遅れにもつながり得るのでjalの国内線を使う上では気をつけておかなければならないことだと思います。

jalで国内出張に行こうと決めたのは時刻表を比較したから

突然出張を言い渡されてしまったときにjalを選んだのは時刻表を他社と比較したからでした。国内線の時刻表を参照してみると色々なメリットがあるとわかって、会社の方に相談してjalの航空券を手配することにしたのが円滑な旅程を組むのに不可欠でした。

出張の指示を受けてから最初に考えたのは便利な国内線の手配

外勤の多い仕事をしている関係で突然出張の指示を受けることはよくありましたが、あるときに初めて飛行機での出張を前日になって指示されたことがありました。できるならその日のうちに出発しておきたいという仕事内容だったので慌てましたが、落ち着いてまず考えたのが国内線の手配でした。出張の翌日にはまた別の予定が入っていたので滞りなく仕事を終えて速やかに戻ってこなければならず、便利に使える航空会社を選ばなければならないと考えました。基本的には会社としてはLCCを使用して旅費を削減するようにという指示をしていたのですが、このときにはjalを使用して良いかと交渉しました。時刻表を見ると自由度が高いとわかったからです。

jalは圧倒的にフライトの数が多いので予約をしないなら最適

jalの国内線の時刻表を見てみると圧倒的にフライトの数が多いことがわかりました。可能であれば今日の夜にでも出発し、現地で仕事を終えたら一刻も早く戻ってきたいというのが本音でした。一日に一往復や二往復しかしていないような航空会社を使ってしまうとそのような自由はなくなってしまいます。そのため、jalにこだわって利用許可を事務に申請しました。私の勤めている会社ではLCC以外を使用するときには事前に許可を得なければならない仕組みになっているからです。急な出張であることや、翌日の仕事がある関係もあったので申請は無事に通りました。そして、仕事を終えてその日のうちに空港に直行して現地に向かうことができたのです。

時間のロスを最小限に抑えて往復することができた国内の出張

現地に前日入りできたのもjalが遅くまでフライトを用意してくれているおかげでした。早朝から現地で仕事を始められたので滞りなく用務を終えることができ、昼過ぎには帰れる状況になりました。そこでjalの国内線の時刻表を見てみると昼間の時間帯でも一時間に一本近い頻度でフライトがあるとわかったので、時間を合わせる必要なく空港に向かえばすぐに帰ることが可能でした。出張先での時間のロスを最小限に抑えることができて夕方には会社に戻れたため、翌日の仕事の準備も整えることができました。このような忙しい出張はめったにないですが、頻繁にフライトを用意してくれているjalでなければなかなかできないことだと思います。

飛行機をもっと身近に感じよう!空の旅をもっと楽しくスムーズに

皆さんは国内旅行をする際にどのような交通手段を使っていますか?電車、バス、新幹線・・最近では格安航空会社の進出により片道3千円〜という破格の料金設定で割安な航空運賃で旅行ができるようになり、飛行機旅は高いという時代は過去のものになりつつあります。ここではjalの国内線時刻表の冊子の利便性を紹介していきます。

航空券が手元にないと不安?ネット予約のメリットデメリット

近年ではどの航空会社もインターネットでの空席予約やタッチアンドーゴーサービスという航空券なしで空港に向かい手元のICカードやお財布ケータイなどの端末を機械にかざすだけで長い列に並ばず自動チェックインされ楽々搭乗できるというシステムが増えていますよね。しかし、いざ旅に出る時に航空券が手元にないと本当に予約が取れているのだろうか?空港にいってからトラブルが発生したらどうしようと不安に思う方もいるのではないでしょうか?私は以前、某航空会社に勤務していたため予約カウンターや国内線出発ロビーでオロオロしているお客様に何度も遭遇したことがあります。そんな時に一冊持っておきたいのがjalの時刻表です。空港ロビーや機内に配備されている冊子をご存知でしょうか?

CAも常に携帯している!小さな冊子には飛行機情報が沢山!

jalの国内線冊子には単なる飛行機の時刻だけが載っているわけではありません。例えば機材の種類や他社とのコードシェア便の記載、飛行機の機番やこの飛行機は1日どこを飛んでいたのか、WiFi装備はされているのかなど・・マニアにはたまらない情報も沢山載っています。機内で働くCAさん達のショルダーバックの中にも時刻表は欠かせない持ち物の一つだとか。それは機内でお客様から様々なお問い合わせにも対応できる情報はぎっしりつまっているからなのです。空港のあらゆる施設の連絡先情報や乗り継ぎ案内、お客様サポートセンターや各便のマイル数、手荷物案内、またお得なキャンペーン情報なども詳しく載っています。特にjalのイメージキャラクターの嵐が冊子の表紙になると配備場所からあっという間に消えてしまうそうですよ。

航空運賃にはサービス料、快適性も含まれた値段!活用しなきゃ損!

今の時代は便利になったようでまだまだアナログのほうが安心する人々も多い時代です。飛行機に乗り遅れないように、預け荷物にいれてはいけないものや手荷物で持ち込めるもの・・頭の中に全てインプットされてるわけありませんよね。jal国内線時刻表には飛行機に安心して搭乗できるようあらゆる情報が載っていますが、事前にお客様サポートセンターに相談してみるのも手です。どんな小さなことでも機内で安心して過ごせるようにスタッフが配慮してくれますよ。飛行機不慣れや乗り継ぎがあって心配だ、妊娠中である子連れで不安だなど。全ての情報は機内のCAや現地の地上係員に伝えられ到着地までサポートしてくれます。格安航空会社に比べて少し根が張る航空運賃を支払うからこそ安心できる様々なサービスを調べ尽くすことも大事なことかもしれません。

JAL国内線旅行の時刻表をチェック!印刷も可能なんです!

みなさんは旅行に頻繁に行くでしょうか?日頃の頑張りや疲れを癒すためにも・・・自分へのご褒美として「旅行をする!」なんて方も多いのではないでしょうか?

そんな旅行を考えている方に向けてこの記事が少しでも役立つことを願って・・・!書いていきたいと思います。

旅行の中でも、「交通手段」は非常に大切な部分になってきます。
日本国内でも有名な旅行観光地として、今年もランキング形式で発表されました。
そのなかでもやはり、一位は「北海道」でした。それに続き、沖縄や東京、京都など常に観光地として、上位を占めている県が名を連ねています。

実は航空機が安い場合も

そんな旅行で大人気の観光地ですが、みなさんはどういった交通手段で楽しみますか?
新幹線や車という方が大変多いかと思います。

しかし、意外とここで知られていないお得な情報があるんです。
それが「新幹線より航空機の方が安い!」ということです。

「飛行機は高い」というイメージが強いのですが、意外にも航空機の方が安い場合があります。
車の渋滞と比較しても、時間の面で非常に短縮できるという大きな利点があります。

そんな航空機ですが、実はJALの国内線が非常に便利なんです。JALといえば、誰もが一度は耳にしたことがある航空会社かと思います。
ご存知の通り、JALは日本国内でも大手として、知られている有名な航空会社です。そんな大手の航空会社ですから、国内便も非常に多くあります。

時刻表はPDFで印刷可能です

みなさんの中にも旅行へ行く際には、JALの情報を調べたことがあるという方も多いのではないでしょうか?
そんな有名なJALですが、時刻表を見てみると、一時間おきに便があるということがわかります。頻繁に便があることは、現地での予定に合わせた時間で予約しやすくなるといったメリットがあるので、非常にありがたいですよね。

また、時刻表は、あらかじめパソコン上でも確認することができます。PDFになっているおかげで、印刷も簡単にできてしまうので、持参することもできてしまいます。
その際には行き先別にページが分かれているので、自分の旅先のもののみを印刷することができるので、余計なものを印刷する必要がありません。

また、行き先別に事細かに時間が表記されているので、正確に把握することができます。
時刻表は、色別に運行会社が表記されています。自分がどの運行会社で行くのかということまで確認することができるので、当日も迷うことなく乗ることができますね!

そんな便利なJALを利用して、事前にしっかりと時間を確認し、より楽しい旅にしちゃいましょう!

 

空高く 、 日本一の春が咲いていました。 日本に旅の力を。 First day of Spring with the domestic Japan Airlines timetable from March 2012. #japanairlines #JAL #JL #日本航空 #timetable #時刻表 #春分の日

Kevin Chan / 陳家朗さん(@orbitingpods)がシェアした投稿 –