jalで国内出張に行こうと決めたのは時刻表を比較したから

突然出張を言い渡されてしまったときにjalを選んだのは時刻表を他社と比較したからでした。国内線の時刻表を参照してみると色々なメリットがあるとわかって、会社の方に相談してjalの航空券を手配することにしたのが円滑な旅程を組むのに不可欠でした。

出張の指示を受けてから最初に考えたのは便利な国内線の手配

外勤の多い仕事をしている関係で突然出張の指示を受けることはよくありましたが、あるときに初めて飛行機での出張を前日になって指示されたことがありました。できるならその日のうちに出発しておきたいという仕事内容だったので慌てましたが、落ち着いてまず考えたのが国内線の手配でした。出張の翌日にはまた別の予定が入っていたので滞りなく仕事を終えて速やかに戻ってこなければならず、便利に使える航空会社を選ばなければならないと考えました。基本的には会社としてはLCCを使用して旅費を削減するようにという指示をしていたのですが、このときにはjalを使用して良いかと交渉しました。時刻表を見ると自由度が高いとわかったからです。

jalは圧倒的にフライトの数が多いので予約をしないなら最適

jalの国内線の時刻表を見てみると圧倒的にフライトの数が多いことがわかりました。可能であれば今日の夜にでも出発し、現地で仕事を終えたら一刻も早く戻ってきたいというのが本音でした。一日に一往復や二往復しかしていないような航空会社を使ってしまうとそのような自由はなくなってしまいます。そのため、jalにこだわって利用許可を事務に申請しました。私の勤めている会社ではLCC以外を使用するときには事前に許可を得なければならない仕組みになっているからです。急な出張であることや、翌日の仕事がある関係もあったので申請は無事に通りました。そして、仕事を終えてその日のうちに空港に直行して現地に向かうことができたのです。

時間のロスを最小限に抑えて往復することができた国内の出張

現地に前日入りできたのもjalが遅くまでフライトを用意してくれているおかげでした。早朝から現地で仕事を始められたので滞りなく用務を終えることができ、昼過ぎには帰れる状況になりました。そこでjalの国内線の時刻表を見てみると昼間の時間帯でも一時間に一本近い頻度でフライトがあるとわかったので、時間を合わせる必要なく空港に向かえばすぐに帰ることが可能でした。出張先での時間のロスを最小限に抑えることができて夕方には会社に戻れたため、翌日の仕事の準備も整えることができました。このような忙しい出張はめったにないですが、頻繁にフライトを用意してくれているjalでなければなかなかできないことだと思います。